カテゴリ:2009.7月の企画( 5 )

ワークショップリーダーより、ワークショップの感想②

7月26日会期を終了しましたKAPL7月の企画展

『越谷発!アートワークショップ展―越谷アートの日―』

山口愛(文教大学教育学修士在籍)のワークショップを終えての感想が届きましたのでお知らせいたします。

b0156423_1153424.jpg


7/25(土):
コシガヤだるまをつくろう!

b0156423_19312654.jpg


b0156423_19315464.jpg


b0156423_19322287.jpg


私のワークショップは、自分だけのコシガヤだるまをつくろう!というワークショップ。
まだ何も色のついていない、「越谷だるまの生地」を用意するところから
始まりました。
協力して下さったのは、「ガリバー地図をつくろう!」でもお世話になった
荻野ダルマ製作所さん。

作っている県、地方によって、だるまの型の形も顔の色も違うという話を聞いて、まず驚きました。
越谷のだるまは、鼻が高く色白でだるま界でも上品な顔立ちだそうです。
しかも、同じ越谷だるまでも、作っている職人さんごとにまた少しずつ顔がちがう。だから、「どこにいっても自分のうちのだるまは一目でわかる」のだそうです。

越谷で生まれ、根付いてきたダルマに自分なりの色をつけることでこの地域を
もっと感じるきっかけになってほしい、という想いでこのワークショップに臨みました。


まず、だるまの歴史と、作る工程について話をしました。
だるまは昔から、木型に古紙(使わなくなった和紙の教科書や新聞など)を張って下地をつくっていたそうです。
そこで、今回のワークショップでは現在の古紙を集めて、その中から自分の好きな紙を見つけて張り子をしていきました。
用意した古紙は全て越谷での生活の中から出たもの。
新聞紙、チラシ、マンガ、雑誌など様々な紙質や色のものがある中から
参加者の方々は真剣に自分のつくりたいだるまに合ったものを選んでいきました。

張り終わったら外で乾かして、最後に顔を描きました。
猫の顔にしたり、自分に似せたり、古来の技法で縁起物として「鶴」と「亀」を隠して描く描き方にチャレンジしたり、顔を張り子で作ってしまったりと、楽しいコシガヤだるまが沢山できました。

最後に全部を並べて、一人ずつどんな気持ちで作ったのか発表し合って終了しました。世代の違う参加者の皆さんが、他の人の発表を聞きながら笑ったりうなずいたり関心したりしている姿が印象的でした。

参加者の方々の感想としては


「白いだるまを初めて見てびっくりした」

「手触りがよくてきもちいい」

「(鶴と亀が描かれていて)こんなに縁起物だって聞いたから、自分も描いちゃった」

「はじめに一つの色で作ろうとしていたけど、他の人が作っているのを見ながら、もっと自分の好きなもので埋め尽くしたくなった」

「(見ているだけでいい、と最初は言っていたけど)やったら楽しかった、いいものができた」


などでした。

「越谷で自慢出来るものって何ですか?」と言ったときに、なかなか答えが出てこない。
それは、名産と知っていても、どこか自分の生活の中で触れ合う機会がないからかもしれません。

今回のワークショップでは、だるまの顔と身体を、何度も手触りを確かめながら作る中で越谷の歴史に「触れる」ワークショップになったのではないかと思います。

関わってくださった全ての方々に、ありがとうございました。

b0156423_1347342.jpg


b0156423_23113146.jpg




 ワークショップリーダー:山口愛
[PR]
by kapl | 2009-08-05 19:29 | 2009.7月の企画

ワークショップリーダーより、ワークショップの感想

7月26日盛況の下会期を終了しましたKAPL7月の企画展

『越谷発!アートワークショップ展―越谷アートの日―』

ワークショップリーダー:渡辺範久より、会期を終えての感想が届きましたので、ご紹介いたします。

b0156423_1153424.jpg





7/19(日):
越谷ガリバー地図をつくろう!

渡辺範久(まちづくりデザイン担当)のワークショップを終えての感想です。


b0156423_19373740.jpg



この度は参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。
皆様の参加により、好評のうちに終わることが出来ましたので報告をします。
ワークショップの手順としてまずまち歩きをしました。
実際に歩くことで、まちの中にある矛盾や魅力的な風景を肌で感じてもらいました。


b0156423_21475398.jpg


b0156423_21493412.jpg



次に越谷の名産だるまを創っている荻野さんの工房を訪ね、越谷の昔の話やだるまの製造、歴史についてお話を伺いました。

b0156423_21523241.jpg


b0156423_21535851.jpg


b0156423_21545561.jpg


b0156423_21555644.jpg


b0156423_21564984.jpg


帰ってきたら早速作業に取り掛かりました。あちこちに楽しいまちが出来上がりましたので、ご紹介します。

b0156423_21585668.jpg


b0156423_21591626.jpg


b0156423_22262160.jpg


b0156423_2205574.jpg


b0156423_2211913.jpg


b0156423_22151260.jpg


b0156423_22153127.jpg


b0156423_22155042.jpg


b0156423_2229536.jpg


b0156423_22172538.jpg


さて今回のワークショップでは参加者に自由に越谷をつくってもらうという形で何も制限を設けず、創ってもらいました。
するとどうでしょう。
創られた場所に偏りが出てきました。理由は簡単です。
人は“まち”を自分の生活の中の関わりの中で感じているからです。
逆に言えば人は自分との関わりの中でしか“まち”を認識できないと言えます。

私的な考えではありますが“まちづくり”といえば、おじさんたちがやる事。という風なイメージが強いのは、大抵の若い人たちにとって生まれた場所は一時の仮の場所で、僕たちには関係ないよ。という風に考えているあたりに原因があるような気がします。

脱線したので話をワークショップに戻しますと、今回のワークショップで、参加者が自由にまちをつくることで、まちへの関心や興味を高めたいという狙いがありました。
結果はというと完成した作品から参加者のまちへの夢や思いが見て取れ、少しは達成できたのかなと思います。

まちには完成がなく、ただ変化だけがあります。
時代により、その姿は変わりますが、今の姿は過去から引き継いで、未来へと繋がっていることは確かなことです。

未来の子供たちが自分のまちに愛着がもてるように、今ある大切な風景や環境を未来にしっかり繋げていけるよう今後も頑張りたいと思います。

 ワークショップリーダー:渡辺範久
[PR]
by kapl | 2009-08-05 19:20 | 2009.7月の企画

渡辺範久のワークショップレポート

『越谷発!アートワークショップ展―越谷アートの日―』


b0156423_1153424.jpg



日時:2009年7月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)

時間:13:00~18:00

場所:KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
    
    埼玉県越谷市北越谷5-9-27(東武伊勢崎線「北越谷駅」徒歩5分)
    Web:http://kapl.exblog.jp/


7/19(日):
越谷ガリバー地図をつくろう!

渡辺範久(まちづくりデザイン担当)のワークショップレポートです。


b0156423_21344363.jpg



会場に入ると床に広げられた1/500の北越谷の地図が広がっています。



b0156423_21475398.jpg


b0156423_21493412.jpg



ワークショップは、地図を片手に北越谷を探検することから始まりました。

街を歩きながら空地の利用や元荒川の河川敷が道路の開発でなくなってしまう話を聞きながら、地図にメモをしていきます。


b0156423_21505239.jpg



道端の草木の手入れやゴミ箱やベンチの設置など、ゆっくり道を歩いてみると、色々な人が地域に働きかけていることに気がつきました。


b0156423_21523241.jpg



そして、越谷の名産だるまの製造を行っている荻野さんの工房を訪ね、越谷の昔の話やだるまの製造、歴史などについてお話を伺いました。


b0156423_21535851.jpg



工房内部の様子、弁慶という柱にだるまを刺して乾かしています。


b0156423_21545561.jpg



荻野さん。なんと十代目のだるま職人。越谷だるまの絵付けも披露してくれました。


b0156423_21555644.jpg



明治時代のだるまの型。木製でとても重い。今のだるまよりスリム。


b0156423_21564984.jpg



だるまは昔の人のエコから生まれていた。古くなった和紙を型に貼り付けて製造。これは昔の教科書。昔の紙はとても質がいいらしい。


b0156423_21585668.jpg


b0156423_21591626.jpg



地域探検から帰ってきて、自分が気づいた街や理想の街を考えて1/500の白地図に手を加えていく。

b0156423_22262160.jpg


b0156423_2205574.jpg


元荒川の桜並木や



b0156423_2211913.jpg


北越谷駅

b0156423_22151260.jpg


b0156423_22153127.jpg


b0156423_22155042.jpg


b0156423_2229536.jpg


b0156423_222178.jpg




b0156423_22172538.jpg


壁面にマップを展示すると、街を見下ろしているようです。

皆がそれぞれ感じた北越谷の街が広がりました。

地図をみたある鑑賞者からは、「海にクラーケンが描かれたりしている昔の人が想像していた地図のようだ」という意見がありました。

「街は、住人やそこに関わる人たちの想像力を持ってよりよく成り立つもので、街づくりを誰かがやっていればいいという無関心がどんどん街の魅力をなくしていってしまう」

と、ワークショップ発案者渡辺から言葉がありました。




この地図がみられる日は、残りの展覧会期の7月25日(土)・7月26日(日)の二日間です。


ぜひご来場ください。




また7月25日、26日はだるま制作、写真のワークショップが開催されます。

まだ参加申し込みができますので是非、ご参加ください。


7/25(土):
コシガヤだるまをつくろう!

14:00~16:00 古紙を使って伝統的な張り子技法でだるまをつくります。


b0156423_1347342.jpg


b0156423_23113146.jpg

コシガヤのだるまを元に自分ではりこしたり色をつけたりして、オリジナルのだるまをデザインしてみよう!


ワークショップコーディネーター:山口愛(文教大学教育学修士在籍)


7/26(日):
日光写真で越谷の「風」を撮ろう!
14:00~16:00 元荒川河川敷を散歩し、心地よい「風」を撮影します。雨天は室内でフォトグラム撮影


b0156423_23285214.jpg



b0156423_23315175.jpg


b0156423_2331218.jpg


ワークショップコーディネーター:浅見俊哉(アーティスト)


申込方法:

●ワークショップの定員は各回20名。
メールにてご予約ください。kapl@excite.co.jp参加希望ワークショップを明記の上ご連絡下さい。

●ワークショップの参加者はお一人様、材料費300円がかかります。ご了承ください。

●上記の日程は予告なく変更になることもございますので、Webなどを参照して下さい。


お問い合わせ:

090-9318-7780(KAPL代表:浅見)





記事:浅見
[PR]
by kapl | 2009-07-20 22:08 | 2009.7月の企画

大澤加寿彦ワークショップレポート

『越谷発!アートワークショップ展―越谷アートの日―』


b0156423_1153424.jpg



日時:2009年7月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)

時間:13:00~18:00

場所:KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
    
    埼玉県越谷市北越谷5-9-27(東武伊勢崎線「北越谷駅」徒歩5分)
    Web:http://kapl.exblog.jp/




7/18(土):
楽器を作ってみんなで、オーケストラをしよう!

大澤加寿彦(ミュージシャン)のワークショップレポートです。



b0156423_11373518.jpg


録音機材を前にワークショップの準備


b0156423_11383648.jpg


「太古の人類は、骨や木材を打ちならしたりして楽器をつくり音楽をつくっていた。」

「音楽は身近なものを打ちならしたり、吹いたりして生まれてきた」

という話の後、現代の身近なものから楽器をつくり始める参加者。


b0156423_11415655.jpg


楽器を制作したら、リズムを決めて録音マイクを前に演奏!


b0156423_1143562.jpg


参加者の音をPCの中で組み合わせ、一つの音楽ができました。

身近なもので制作した楽器でつくった音楽は普段耳にしたことのない音楽でした。



7/19(日)は、渡辺範久による

b0156423_1148993.jpg


越谷ガリバー地図をつくろう!
14:00~16:00 越谷の街を探検し、自分の越谷地図をつくるワークショップがあります。

ぜひご参加ください。



b0156423_11471472.jpg


KAPLは今月をもちまして設立一周年を迎えました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。




 記事:浅見俊哉
[PR]
by kapl | 2009-07-19 11:52 | 2009.7月の企画

越谷アートの日!ワークショップ展!!

・KAPL7月の企画展のご案内です。

7月の展覧会は、

越谷発!アートワークショップ展
―越谷アートの日―


と題しまして、参加者が越谷という地域とかかわって主体的に作品制作を行うことができる展覧会です。

今回、4人のワークショップコーディネータが、それぞれ魅力的なワークショップを用意しました。

アートを通して地域を改めて発見することができる4日間です。

越谷にお住まいの方も、そうでない方もふるってご参加ください。


b0156423_22582974.jpg



『越谷発!アートワークショップ展―越谷アートの日―』


日時:2009年7月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)

時間:13:00~18:00

場所:KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
    
    埼玉県越谷市北越谷5-9-27(東武伊勢崎線「北越谷駅」徒歩5分)
    Web:http://kapl.exblog.jp/


展覧会関連イベント:

参加者が作品を制作できるワークショップです。


7/18(土):
楽器を作ってみんなで、オーケストラをしよう!

14:00~16:00 身近にある廃材を集め楽器をつくりみんなで演奏会をします。

b0156423_2125562.jpg


b0156423_2317098.jpg


b0156423_23155796.jpg

写真は、トイレットペーパーの芯とストローで制作した笛『トカリナ』
当日は素材を参加者で探しに行き、打楽器も制作予定です。

ワークショップコーディネーター:大澤加寿彦(ミュージシャン)


7/19(日):
越谷ガリバー地図をつくろう!
14:00~16:00 越谷の街を探検し、自分の越谷地図をつくります。


b0156423_23282752.jpg



越谷は江戸から3番目の宿場町という歴史があり、宮内庁の鴨場もあります。


b0156423_2395356.jpg

このワークショップでは、越谷市内をただまわるだけでなく、越谷市の伝統産業だるまの工場にも見学に行く予定です。ここで、だるま職人のお話を聞き地図の制作に活かしていきます。

ワークショップコーディネーター:渡辺範久(都市開発デザイナー)


7/25(土):
コシガヤだるまをつくろう!

14:00~16:00 古紙を使って伝統的な張り子技法でだるまをつくります。


b0156423_1347342.jpg


b0156423_23113146.jpg

コシガヤのだるまを元に自分ではりこしたり色をつけたりして、オリジナルのだるまをデザインしてみよう!


ワークショップコーディネーター:山口愛(文教大学教育学修士在籍)


7/26(日):
日光写真で越谷の「風」を撮ろう!
14:00~16:00 元荒川河川敷を散歩し、心地よい「風」を撮影します。雨天は室内でフォトグラム撮影


b0156423_23285214.jpg



b0156423_23315175.jpg


b0156423_2331218.jpg


ワークショップコーディネーター:浅見俊哉(アーティスト)


申込方法:

●ワークショップの定員は各回20名。
メールにてご予約ください。kapl@excite.co.jp参加希望ワークショップを明記の上ご連絡下さい。

●ワークショップの参加者はお一人様、材料費300円がかかります。ご了承ください。

●上記の日程は予告なく変更になることもございますので、Webなどを参照して下さい。


お問い合わせ:

090-9318-7780(KAPL代表:浅見)




・今月をもちまして、KAPLは設立一周年を迎えることができました!

一重に日頃より、KAPLを支えていただいている皆さまのおかげです。

深く御礼申し上げます。今後ともKAPLをよろしくお願いいたします。
[PR]
by kapl | 2009-07-07 22:58 | 2009.7月の企画

カテゴリ

全体
最新の企画
KAPLとは?
地図・アクセス
2008.7月の企画
2008.8月の企画
2008.9月の企画
2008.10月の企画
2008.11月の企画
2008.12月の企画
2009.1月の企画
2009.2月の企画
2009.3月の企画
2009.4月の企画
2009.5月の企画
2009.6月の企画
2009.7月の企画
2009.8月の企画
2009.9月の企画
2009.10月の企画
2009.11月の企画
2009.12月の企画
2010.1月の企画
2010.2月の企画
2010.3月の企画
2010.4月の企画
2010.5月の企画
2010.6月の企画
2010.7月の企画
2010.8月の企画
2010.9月の企画
2010.10月の企画
2010.11月の企画
2010.12月の企画
2011.1月の企画
2011.2月の企画
2011.3月の企画
2011.4月の企画
2011.5月の企画
2011.6月の企画
2011.7月の企画
2011.8月の企画
2011.10月の企画
2011.11月の企画
2012.1月の企画
2012.2月の企画
2012.3月の企画
2012.4月の企画
2012.5月の企画
2012.6月の企画
2012.8月の企画
2012.9月の企画
2012.10月の企画
2012.11月の企画
2012.12月の企画
2013.1月の企画
2013.2月の企画
2013.3月の企画
2013.4月の企画
2013.6月の企画
2015.5月の企画
2015.7月の企画
2015.10月の企画
2015.11月の企画
2016.2月の企画
2016.5月の企画
2016.8月の企画
2016.9月の企画
2016.11月の企画
2017.1月の企画
2017.2月の企画
2017.4月の企画
MAPまちアートプロジェクト連携
活動のプレゼンテーション
SMFとの連携
利用希望の方へ
維持会員募集
メディア・プレス掲載
維持会員の皆様
KAPL代表の部屋
KAPLメンバールーム
KAPL協力企画

フォロー中のブログ

今日マチ子のセンネン画報
美術と自然と教育と
エキサイトブログヘルプ
文教大学教育学部 美術研究室
街を美術館にしよう! ま...
corsage
Shunya.Asami...
Photo Expres...

最新のコメント

上野様 お申し込み..
by たかぬき at 10:46
はじめまして。 石膏デ..
by 上野 蓮 at 16:10
あの日一番強く感じたこと..
by norihisa at 23:19
伊藤先生! コメントあ..
by kapl at 21:23
ひみつきちのお泊り会、い..
by 堺市の伊藤です。 at 08:04
早くも議事録ありがとーご..
by noris at 22:06
怒涛の三日間おつかれさま..
by noris at 13:12
コメントありがとうござい..
by noris at 13:08
音のWSもKAPLのバリ..
by shunya-asami at 01:59
レポートありがとう!最後..
by shunya-asami at 01:58

ブログパーツ

最新のトラックバック

2009年7月18日(土..
from 『ふとんがふっとんだ』
まちアートプロジェクト
from 足袋人の柳
沖縄特集
from 沖縄

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧