ちょく個展「ひきだし」・ちょくレポート

ちょく個展「ひきだし」2011/04/09(土)ー04/10(日)

こんにちは、そしてはじめまして。
ちょく です。

個展にいらっしゃっていただいた皆さま、本当にありがとうございました。
無事に会期を終えられましたのも、皆さまのお力添えのおかげです。


今回初めて、どこかに所属するでもなく、
単独で展示を致しました。

b0156423_2235215.jpg

b0156423_22143392.jpg


初めての個展。
さて何がいいだろう。
おもむろに絵やなんかのしまってある「ひきだし」を空けてみた。
それらの一作品一作品、見ていたら、その作品に詰まった想いや思い出が、
芋ずる式にズルズルと繋がって表れてきた。
これだと思った。
いままでためて、人に見せなかった作品を見せてしまおう。

b0156423_228164.jpg

b0156423_22151497.jpg


そしてその中にある、私の思いも。
だから「ひきだし」の中身を出した。
これを使って作品を作るということは、自分の過去と現在とを出して、自分を見てもらうということだった。

b0156423_2285724.jpg

b0156423_22134322.jpg


独りよがりでもかまわないと思った。
私のことを、知ってもらおう。
そんな展示にしよう。
そう思って、今回の様な展示となったのでした。

b0156423_2294666.jpg

b0156423_22121944.jpg


けれど全部は見せられない。
まだ自分の心と折り合いがつかないこともあるもの。


b0156423_22103453.jpg

b0156423_2213952.jpg



また、KAPLは人と繋がることを主軸にしているとのことで、それができる方法を考えた。

b0156423_22113386.jpg


イマイチ人と関るのが苦手な私だけれど、繋がることができるだろうか。
ネガティブな考えが多く浮かぶ私は、楽しめる様な繋がり、プラスの方向でいまいちアイディアが浮かばない。
どうしたものか…。と考えあぐねていたが、
じゃあ、ネガティブなところで人と繋がることができるのでは?
と思い、その方向で行こうと決めた。
いらっしゃって頂いた方々の、心の「ひきだし」に閉まっていることを聞いてみよう。
その秘密は直接聞かないし、答えてもらわない。
けれど、その秘密を、少しでも共有して、前向きに考えてもらえたら…。
そんなことを考えながら、出来上がったものがこちら↓

b0156423_22163114.jpg


一枚のパンフレットとフォーチュンクッキーを作った。

b0156423_22181151.jpg


「ひきだし」の中に書かれているのは、おおよそ皆の心の中に閉まっていそうな文章を沢山書いた。そうしておくと、自分の心の中に閉まっていることを思い出す、イントロダクションになるかなぁと。

b0156423_22185524.jpg


お土産のクッキーの中に入っているものは、その人のしまっている事柄に関しての私からのメッセージ。



私も苦しいよ、でも、あなたも一緒に頑張ろう、そして負けないで。
少しでも、前向きに考えられる様に。
そう思って、文章はひとつひとつ手書きした。
中の文章は、開けてみてのお楽しみ。

このパンフレットとクッキーは、「ひきだし」の中に入っていて、
いらっしゃっていただいた方に、「ひきだし」て取ってもらうことにした。

b0156423_22401311.jpg



オープニングレセプション4/9(土)18:00~19:00
しばし歓談の後、作品への質問を聞いてみた。
なにか作品について聞きたいことありますか?
色々質問してもらった。
何も考えてないわけではないのだけれど、けれど、うまく説明できません。
大勢の人の前に立つと、おどおどしちゃいます。。。
でも、聞いてみたいと思ってもらえるって、幸せなことです。
つまり、少しでも作品に関心をもってもらっているってことだもの。
ありがたい。


そしてその後、私が皆さんに聞きたいことを聞いてみた。
「あなたは心の引き出しに、しまっているものはありますか?」
「「YES」か「NO」でお答えください。」
「もし、差支えが無ければちょっとだけ、どんなものか教えて下さい。」
その場にいた皆さんの答えはほぼ全員「YES」。
そうだよね。何もない人を探すほうが困難かも。
でも、その「YES」の「ひきだし」の中は、どんな形で、どれぐらい、その人の心に存在しているのかは、本当に十人十色。
そしてそんな話を皆さんとしていると、なんだかそこにいる人たちで皆の秘密を少しずつ共有している気分。
私の秘密
あなたの秘密。
言わないけれど、存在している。
その距離感がたまらない。
察するという言葉がぴたりと当てはまる。

その「ひきだし」にしまっていることは、私にはわからないし、「ひきだし」にしまっているのだから話せないのは当然で。
でも、それだけだと寂しい。
だからフォーチュンクッキー、差し上げました。



そんなこんなでオープニングレセプション終了。
いらっしゃって頂いた皆さま、ありがとうございました。

暖かな日差しに恵まれた2日目も穏やかに過ぎ、2日間の会期終了となりました。


色んな方に出会えました。
出会いって、本当に素晴らしい。
色んな話を聞けました。
異なる感覚に触れることができる、ワンダフル体験。

個展にお越しいただきました皆さま、本当に、本当に、ありがとうございました。
心から感謝いたします。

b0156423_2241482.jpg


*****************************

大人になるということは、忘れるということだと、誰かが言っていたのだけれど、でも、それじゃあ悲しい。
いまそうやって、「ひきだし」にしまっている想いも、もしかしたらいつか忘れてしまうのかもしれない。
それはそれで、悪いことじゃない。
生きていくうえで、とても重要で、必要なことだと思う。
けれど、今、少しだけでいいから、
思い出して、想いを馳せて。
愛しんであげて。
それも愛しいあなたの、一部なのだから。

b0156423_2232860.jpg


2011/04/ 桜舞い散る春の日に ちょく
[PR]
by kapl | 2011-04-29 22:47 | 2011.4月の企画

カテゴリ

全体
最新の企画
KAPLとは?
地図・アクセス
2008.7月の企画
2008.8月の企画
2008.9月の企画
2008.10月の企画
2008.11月の企画
2008.12月の企画
2009.2月の企画
2009.1月の企画
2018.5月の企画
2018.5月の企画
2009.3月の企画
2009.4月の企画
2009.5月の企画
2009.6月の企画
2009.7月の企画
2009.8月の企画
2009.9月の企画
2009.10月の企画
2009.11月の企画
2009.12月の企画
2010.1月の企画
2010.2月の企画
2010.3月の企画
2010.4月の企画
2010.5月の企画
2010.6月の企画
2010.7月の企画
2010.8月の企画
2010.9月の企画
2010.10月の企画
2010.11月の企画
2010.12月の企画
2011.1月の企画
2011.2月の企画
2011.3月の企画
2011.4月の企画
2011.5月の企画
2011.6月の企画
2011.7月の企画
2011.8月の企画
2011.10月の企画
2011.11月の企画
2012.1月の企画
2012.2月の企画
2012.3月の企画
2012.4月の企画
2012.5月の企画
2012.6月の企画
2012.8月の企画
2012.9月の企画
2012.10月の企画
2012.11月の企画
2012.12月の企画
2013.1月の企画
2013.2月の企画
2013.3月の企画
2013.4月の企画
2013.6月の企画
2015.5月の企画
2015.7月の企画
2015.10月の企画
2015.11月の企画
2016.2月の企画
2016.5月の企画
2016.8月の企画
2016.9月の企画
2016.11月の企画
2017.1月の企画
2017.2月の企画
2017.4月の企画
2017.7月の企画
MAPまちアートプロジェクト連携
メディア・プレス掲載
活動のプレゼンテーション
SMFとの連携
メンバー募集
利用希望の方へ
維持会員募集
維持会員の皆様
KAPL代表の部屋
KAPLメンバールーム
KAPL協力企画
未分類

フォロー中のブログ

今日マチ子のセンネン画報
美術と自然と教育と
エキサイトブログヘルプ
文教大学教育学部 美術研究室
街を美術館にしよう! ま...
corsage
A
Photo Expres...

ブログパーツ

最新のトラックバック

2009年7月18日(土..
from 『ふとんがふっとんだ』
まちアートプロジェクト
from 足袋人の柳
沖縄特集
from 沖縄

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧