人気ブログランキング |

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「はじめての教育学研究展」レポート②

22日は,「研究発表会」が行われました。
来場者は,現場の教員や県職員,大学生,アーティスト,小学生,一般参加者など様々なジャンルの方に発表を聞いて頂きました。

1人目は,美術教育を専門分野とした鈴木眞里子が「地域との連携による展覧会を活かした美術教育実践の開発」の研究発表を行いました。
b0156423_2154796.jpg

KAPLがある,アートスペース萌木内にある絵画教室学美塾で行われた授業実践「まちを美術館にしよう」を中心に発表していきました。

2人目は,キャリア教育を専門分野とした石田亘が「キャリア教育理念のある地域創出に向けての試み―事業所向けガイドラインの作成を通して―」の研究発表を行いました。
b0156423_21154567.jpg

発表の中では,小学生男子の夢の1位はプロ野球選手であることが分かりました。
来場者の小学生に夢を聞いてみたところ,野球選手や普通の人,戦隊ヒーローなど様々な意見がでました。
その答えを受け,来場者からは「夢を答えてもらうことが大切なのではなく,どのような文脈でその夢を話してくれたのかを理解しようとすることが大切なのでは」といった意見もでました。

3人目は,古典教育を専門分野とした大越歩が「中学校古典教育における地域性を活かした伝統的な言語文化の教材試案」の研究発表を行いました。
b0156423_21213756.jpg

来場者の方には実際の中学校で行った大越さんが開発した越谷独自の教材を体験して頂きました。

4人目は,体育教育を専門分野とした市河大が「体育におけるICT活用の有用性―鉄棒運動の支援活動を中心として―」の研究発表を行いました。
b0156423_2126295.jpg

鉄棒運動・技のチェック表を体育の授業中にパソコンでチェックし,体育の思考場面で活用するという発表でした。将来的にはiPod touchを活用すること考えているそうです。


4人の発表の後も研究を介しての活発な議論は進んでいきました。

学校カウンセリングを専門分野とした内藤暢彦は,「通級指導教室におけるコラージュ療法を用いた児童理解と支援―コラージュ制作による児童の気分変化について―」のポスター発表を行いました。
b0156423_2245859.jpg

実際に通級指導教室で児童が制作したコラージュを見ながら,児童の変化を説明していきました。

赤堀友美は,「小学校理科教育における言語活動の充実―客観的観察力を高め,表現力を育成する指導方法・教材の開発―」のポスター発表を行いました。
b0156423_2351565.jpg

希望者にすぐに体験できる実験体験を随時行いました。


阿部有子は,「短期的に実施される農作業の体験が中学生の気分状態に及ぼす効果」のポスター発表を行いました。また,農機具の展示も行いました。
b0156423_23281170.jpg

当時の田植え作業服の試着体験もできます。
b0156423_2339812.jpg


研究発表をアートスペースで行うというちょっと珍しい企画展でしたが,研究もアートも探究的であり,研究も一つの表現活動です。

今回,修了生にとって大きな体験であったのは,自分たちの研究が一般的にも理解され,おもしろいと思ってもらうことを実感として持つことができたことでした。
b0156423_2330080.jpg

今後も,学会発表等と並行してこのような地域に開けた活動を行っていく必要性があることを確認することができました。

また,今回文教大学大学院教育学研究科のHPから今回来場者にお配りした研究報告書をダウンロードすることができます。
ぜひご覧ください。
文教大学大学院教育学研究科

文教大学大学院教育学研究科2期生+研究生は,これからもKAPLでの展示を研究者としての初めの一歩として研究と実践をつなぐ取り組みを続けていきたいと考えています。

b0156423_23423131.jpg


最後になりましたが,ご理解・ご協力頂いた皆様ありがとうございました。


展覧会企画者:鈴木眞里子
by kapl | 2010-03-22 21:32 | 2010.3月の企画

「はじめての教育学研究展」レポート①

3月のKAPL展覧会「はじめての教育学研究展」文教大学大学院教育学研究科2009年度研究報告が無事終了いたしました!

2日間で40名を超える来場者がありました。
参加してくださった皆様,応援してくださった皆様,本当にありがとうございました!

本展覧会企画者である文教大学大学院教育学研究科2期生は,2010年3月16日をもちまして,2年間にわたる修了過程を修了いたしました。

この展覧会では,大学院という枠を飛び出し,地域のアートスペースで研究成果を発表することで,研究者としての初めの一歩を「研究」に対する難解なイメージを新たにするものにしたいと考え開催されました。

b0156423_209491.jpg


9名の展示者の自己紹介パネル・研究紹介ポスター・修士論文・研究に関連する展示物がKAPLに飾られました。

b0156423_20152579.jpg


b0156423_22371874.jpg


2日間の展示では,ポスター発表形式で,展覧会に訪れた方たちに随時研究の説明を聞いて頂きました。

b0156423_20194836.jpg


来場者からは「少し難しい内容の研究でも,研究者の生の言葉で聞くと分かりやすくおもしろかった」という意見を頂きました。
また,修了生も「学会や教授の前で話すのとは,もう一度自分の中で噛み砕き,伝えるということができて貴重な体験ができた」というような報告もありました。


また,20日には研究を気軽に体験できる「研究ワークショップ」も随時行われました。

美術教育を専門分野とした山口愛は「漫画を使った美術の開発授業の体験」を行いました。
b0156423_2030510.jpg

b0156423_23474579.jpg

KAPL内にあるものを顔に見立て,気持ちを考えて表情をつけていきました。
相手の気持ちを考え,表情をつけることが漫画表現であることを説明しました。
b0156423_20322359.jpg

携帯会社の顔文字が実は自分の感情を表す身近な漫画表現であるそうです。
 
発達心理学を専門分野とした熊倉悠佳は「セロトニンを増やす朗読とリズム遊び体験」を行いました。
b0156423_20405982.jpg

セロトニンを増やすと幸福感や安心感が得られると言われています。
リズム運動を行ったあと,谷川俊太郎さんの「きりなしうた」の詩を用いて,二人一組でリズムをとりながら自由に振りなどをつけて朗読を行いました。
b0156423_20454172.jpg


体育教育を専門分野とした市河大は「やせる歩き方体験」を行いました。
b0156423_2037279.jpg

KAPL内で,目をつぶってまっすぐ歩けるか確認。
b0156423_20373412.jpg

正しい歩き方を教わり,外でもウォーキングの練習を行いました。


その後,文教大学教育学部中本敬子専任講師を迎え,教育についての気軽な座談会が行われました。
b0156423_20473827.jpg


「なぜ,学校の先生は大学に通ってないとなれないのか」を切り口に,学生が研究することによって何を身につけていかなければならないのかをひもといていきました。

初日の20日は,研究発表やワークショップ,座談会によって様々な活発な意見のやりとりが18時すぎまで活発に行われ続けました。


21日のレポートに続く!


展覧会企画者:鈴木眞里子
by kapl | 2010-03-22 20:55 | 2010.3月の企画

「はじめての教育学研究展」 文教大学大学院教育学研究科2009年度研究報告

2010年3月のKAPL企画展のお知らせです!

b0156423_22115376.jpg


「はじめての教育学研究展」
文教大学大学院教育学研究科2009年度研究報告


今回のKAPLでは、「生きる力」・「伝える力」をアートと捉え、「はじめての教育学研究展」を開催します。

平成24年度より文部科学省より示され、全面実施される「新学習指導要領」。

その中には、

「新しい学習指導要領では、教育基本法の改正等を踏まえ、子どもたちに「生きる力」をはぐくむことを目指し、言語活動、算数・数学や理科教育、道徳教育、体験活動、外国語教育などの充実を図る」

と明記されています。

まさに、現在、「自分で問題を見つけ、解決への方法を模索し、自分の考えたこと、思ったこと、体験したこと、それを他人に伝える力」(=生きる力)が求められているとも言えるでしょう。

今回は、「生きる力」を研究し続けている教育学の研究者たちの「生きる力」を「伝える力」を持って広く社会に報告、発信し、教育について、この社会の未来について議論する機会を設けました。

是非ご来場いただければ幸いです。 


KAPL代表:浅見俊哉


---------------


「研究はなんだか難しくて分からない」それは本当でしょうか?
最初のきっかけは素朴な疑問「どうして?」「なぜ?」
それに答えるのが「研究」です。

大学院の2年間で,十人十色な私達が情熱をかけて追いかけてきたことを皆様と共有したいと考えています。きっとあなたも何かを研究してみたくなる,そんな展覧会です。

私達の研究は,修士論文で終わりではありません。研究者としての初めの一歩の展覧会にどなたでもぜひお越し下さい。お待ちしています!

日時: 2010年3月20日(土)21日(日)
時間: 10:30-18:00
場所: KAPL-コシガヤアートポイントラボ
費用: 入場無料
企画: 文教大学大学院教育学研究科2期生
連絡先: corsage85@yahoo.co.jp(鈴木)


○展覧会関連イベント○
 21日:「研究発表会」13:30ー15:30
 20・21日:研究ワークショップ・ポスター発表(随時)


b0156423_16543469.jpg


詳細はKAPL公式blogにて
http://kapl.exblog.jp/
主催:コシガヤアートポイントラボ実行委員会

c0127841_16342919.jpg


ぜひKAPLに遊びにきてください!

展覧会企画者:鈴木眞里子
by kapl | 2010-03-12 16:55 | 2010.3月の企画

「5750分展」ドキュメンタリー映像

・昨年2009年、8月に開催した美術教育をテーマにした展覧会「5750分展」のドキュメンタリー映像です。







b0156423_21135272.jpg


b0156423_21273024.jpg





・今日、中学校の中で行われている「美術」の時間は「5750分(約4日間)」です。決して十分とは言えないその時間を使い、現役美術教員が丸4日間作品制作に取り組みます。新しい指導要領から選択教科で美術も消えてしまうので特別なことがなければこの時間が義務教育の美術の時間のすべてです。果たして、この時間は多いのか少ないのか、この時間で、一体何を生み出すことが出来るのか?アクションを起こします!今回、いつも生徒に与えている美術の時間をまとめて3年間分、教師である自分自身がくらってみる企画です。合わせて、自分自身の日々の授業実践を白日のもとにさらし、お互いの実践を共有する企画。必修と選択、中高美術教育を考える企画(進行:埼玉県立越谷南高校:田中教諭)。一般の人も交えたお茶を飲みながら美術教育について話し合う「お茶の間美術談義」。やりっぱなしにならないよう、報告会も企画しました。ぜひ、皆さまお誘い合わせのうえ、会場にご来場いただき、熱い焚き木を焼べに来てください。【開催は2009.8月】

展覧会案内文を引用
http://kapl.exblog.jp/i22/

・作品制作者:廿楽 紘子(春日部市立武里中学校) 柴 直子(鳩ケ谷市立鳩ケ谷中学校) 島田 温子(加須市立加須西中学校) 浅見 俊哉(八潮市立八條中学校) 


・映像撮影:浅沼奨


b0156423_20534579.jpg


b0156423_1736738.jpg



記事:浅見俊哉
by kapl | 2010-03-06 01:08 | 2009.8月の企画

アート制作クリーン大作戦in越谷 終了!

2月のKAPL展覧会『アート制作クリーン大作戦』が、無事終了いたしました。
参加してくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

『アート制作クリーン大作戦in越谷』では、ごみをひろって作品を作り、展示して鑑賞するまでを参加者皆で行いました。これより、制作から鑑賞に至るまでの活動の様子を報告させていただきます。

b0156423_2355840.jpg

ギャラリーから皆でスタート!
手には軍手と火ばさみとビニール袋。腕には「アート制作中」の腕章。

b0156423_2357169.jpg

b0156423_001170.jpg

道を歩きながらごみひろい。しかし、道は意外とキレイで、いつのまにかごみさがしに。

b0156423_01420.jpg

b0156423_012972.jpg

1日目は住宅地を歩きました。植え込みの中にも・・・あった!
ずっと探して歩いていると、だんだんごみが見えるようになってきます。

b0156423_023673.jpg
b0156423_03648.jpg

2日目は土手を歩きました。空き缶やビニールなどにほかに、大きい鳥の羽が。これもごみ?

b0156423_013552.jpg
b0156423_0132096.jpg

また、事前制作ではスーツでごみひろいもしました。「ご苦労様」「ありがとう」と声をかけられることが
しばしばありました。

b0156423_1027514.jpg

1時間程ごみひろいをして、KAPLへ帰還。ひろってきたものを広げて、それぞれのお気に入りを発表します。

b0156423_10312820.jpg

いよいよ制作開始。どんなものを作ろうか、ごみを見つめながら考えます。

b0156423_10315716.jpg
b0156423_10321936.jpg

室内、室外を使って制作。

b0156423_10404023.jpg

b0156423_10405698.jpg

完成したら作品展示。通りがかった地域の方とお話をする場面もありました。
以下は完成作品(一部)
b0156423_1118851.jpg

b0156423_1116382.jpg

b0156423_11184324.jpg

b0156423_1119328.jpg
b0156423_11191616.jpg
b0156423_11193032.jpg
b0156423_11194544.jpg
b0156423_11195486.jpg
b0156423_1120260.jpg
b0156423_1120122.jpg
b0156423_1120249.jpg
b0156423_11205811.jpg
b0156423_112185.jpg
b0156423_11211758.jpg
b0156423_11212638.jpg
b0156423_11213599.jpg
b0156423_11214516.jpg
b0156423_11215415.jpg
b0156423_112231.jpg
b0156423_11221931.jpg
b0156423_11222995.jpg
b0156423_11223817.jpg

ごみを使ってのパフォーマンスも。


「重箱の隅をつつく」
b0156423_11532230.jpg




「重箱の隅をつつきあう」
b0156423_11535966.jpg



作品が完成したら鑑賞会。それそれ、タイトル、素材、どこで拾ったかなどを発表し、作品について語り合いました。
b0156423_11242114.jpg
b0156423_11243279.jpg
b0156423_11244517.jpg
b0156423_11245561.jpg


また、作品を見て「とてもいい棒ですね!どこにあったんですか?」と聞く場面も。
他にも似たものが落ちていたとのことで、場所を教えてもらっていました。
b0156423_11481976.jpg
b0156423_11483196.jpg

ごみの地図ならぬ、宝の地図!

b0156423_11524954.jpg
b0156423_1153067.jpg

大澤加寿彦による、ごみを使ったライブパフォーマンスも。

b0156423_1152591.jpg

最後は作品をお持ち帰り!

今回の来場者は2日間で41名。うち半数の人が、アート制作クリーン大作戦を体験していってくれました。
今回は、出来上がった作品だけでなく制作の姿も含めての展覧会。アートのためのごみひろいだけど、「ご苦労様です」と声をかけられ、「アート制作中です」と「え?」と苦笑いをされたりしました。
感想として、
「ごみひろいが宝物さがしに思えてきた」
「自分ではごみじゃないと思ってひろわなかった物を、他の人がごみとしてひろっていたのが面白かった」
「ごみを路上で取捨選択する時に罪悪感を感じる自分がいた」
「子どもの頃、公園でみつけた綺麗な石を持って帰ってあつめていたことを思い出した」
「作品を制作するのに、拾いたい物をあらかじめ考えてひろっていたけど全然なかった。
その日その場によって出来上がる物が違う難しさを感じた」
「ごみって、誰かが価値がないって判断して捨てられているものなのだろうか」
など。
ごみと関わることで「価値」の揺らぎや変化や発見を、参加者それぞれが感じていました。。

以下、企画者小野寺茜より。

************

KAPLメンバーからの呼びかけで実現した「アート制作クリーン大作戦」in越谷。
プログラム2度目を実施して気付いたのは、作品素材としてのゴミを拾い集める
ことでまちの印象が変わって見えること、アート制作という個人活動をしながら
、作り手の興味が、他の参加者やまちですれ違う人など、他者に強く向くことで
す。

会場は住宅街の一角。近くに公園や駅、川などがあり、景色も多様でした。そこ
で1日目と2日目とでルートを変え、時間をかけて特色豊かな素材を見つけ出し
ていったのですが、参加者一同前回を凌ぐ集中力を発揮し、眼精疲労から翌日肩
凝りに悩まされる人まで現れました。
活動を通じて身近な環境に目を向け、まちを好きになる効果は、通常のクリーン
作戦とも共通していますが、市営住宅の前庭や駐車場、高架下など、心に留めよ
うのない場所までが魅力的な宝物の採掘場としてインプットされるのは、機械的
に行う奉仕作業ではなく、参加者自身に響くものを採取するアート制作であるが
ゆえです。そこから更に、ものが漂着するまでの経緯や人の暮らしに興味が向く
場面もあり、今回の体験は、参加者にとって、自身とまちとの間に新たな関係が
作られるきっかけとなったかもしれません。

もうひとつ前回と異なるのは、普段からまちの清掃活動を続けている人がメンバ
ーに加わっていたこと。ベテランだけあって手際よく、ゴミに向ける視点や拾う
姿勢が他の参加者と全く違っていました。活動に向けられる、道ゆく人からの視
線や反応は概ね好意的ではありましたが、結局は他人事として距離を置く気配も
感じられ、活動中に出会う様々な人の立場の違いや行動心理についても、参加者
同士会話が盛り上がりました。
会場に戻ってからは、各自制作に勤しみながらも、互いの作品やそこから覗く人
柄に興味津々。その親密な空気と参加者同士の結びつきは、通常の工作体験ワー
クショップではなかなか実現し難いものです。

2日間で生み出された30点余りの作品は、平面や立体の他にも、参加型やインス
タレーション、音声パフォーマンスや映像など、バラエティに富んだ内容となり
ました。参加者1人につき最多で6点もの制作を行いましたが、頭の中で練りこ
んだイメージに素材を合わせるよりも、素材から浮かんだ発想を直感的に組み立
てるほうが面白い仕上がりになることを学習したようです。回を重ねるごとに、
シンプル且つユーモラスな作品を生み出すスキルが上達し、鑑賞会では賑やかな
笑い声が響きました。
一方活動の感想を話し合う場面では、互いに顔を突き合わせ、一同真剣そのもの

「ゴミとアート、要るものと要らないものの境目は何だろう?という疑問から出
発して、あれこれと実験を繰り返しながら活動した結果、再び最初の疑問に戻っ
てしまう。」
参加者の1人が話した言葉ですが、堂々巡りの中にも毎度新たな発見が加わり、
思考の密度が増しているようでした。

日中から日没後にかけて、一連の活動を終えた参加者たちは、前回にも増して疲
労困憊の様子。けれども、重労働の後というよりは、遠足から帰った子どものよ
うな、満ち足りた表情をしていました。

今回はギャラリースペースにきちんと展示を行ったことで、仲間内だけでなく時
折会場を訪れる第三者にも活動の成果を伝えられたと思います。
昨年の北浦和を起点に、色々な人やものを巻き込みながら旅をするワークショッ
プ。次は何処にどう展開していくのか、この先も楽しみです。

*************

他人が価値判断してきたものを、もう一度自分の中の価値と闘わせた今回の展覧会。
皆さんと共有できたのが、とても刺激的で面白かったです。
また、開催にあたって、しらこばと基金のつながりから、越谷市の方や
越谷市で活動するボランティア清掃団体の方々をはじめ様々なご協力をいただいたこと、
この場で深く御礼申し上げます。
改めまして、本当にありがとうございました。

b0156423_1243564.jpg
b0156423_1245195.jpg


それでは、次回のKAPLもお楽しみに!





記事:山口
by kapl | 2010-03-02 23:00 | 2010.2月の企画

維持会員の皆様の紹介

 KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)は、気軽に誰もがアートに関わる機会を創造しています。

設立理念に賛同してくれた方々が、自分達のできることを出し合い、協同しながら主体的につくっていく場です。KAPLではそうした皆さまからの支援で成り立っています。

ここでは、維持金としてご寄付をいただいた方々を紹介させていただきます。


2008~2009年度維持会員の皆様

菊地貴光様

柳原敬様

芦川義弘様

梁洋子様

八長康晴様

山口愛様

浜野絵美様

浅沼奨様

柿本貴志様

相原健人様

清水絢子様

江口佳奈英様

服部真理子様
by kapl | 2010-03-02 21:49 | 維持会員の皆様

カテゴリ

全体
最新の企画
KAPLとは?
地図・アクセス
2008.7月の企画
2008.8月の企画
2008.9月の企画
2008.10月の企画
2008.11月の企画
2008.12月の企画
2009.2月の企画
2009.1月の企画
2009.3月の企画
2009.4月の企画
2009.5月の企画
2009.6月の企画
2009.7月の企画
2009.8月の企画
2009.9月の企画
2009.10月の企画
2009.11月の企画
2009.12月の企画
2010.1月の企画
2010.2月の企画
2010.3月の企画
2010.4月の企画
2010.5月の企画
2010.6月の企画
2010.7月の企画
2010.8月の企画
2010.9月の企画
2010.10月の企画
2010.11月の企画
2010.12月の企画
2011.1月の企画
2011.2月の企画
2011.3月の企画
2011.4月の企画
2011.5月の企画
2011.6月の企画
2011.7月の企画
2011.8月の企画
2011.10月の企画
2011.11月の企画
2012.1月の企画
2012.2月の企画
2012.3月の企画
2012.4月の企画
2012.5月の企画
2012.6月の企画
2012.8月の企画
2012.9月の企画
2012.10月の企画
2012.11月の企画
2012.12月の企画
2013.1月の企画
2013.2月の企画
2013.3月の企画
2013.4月の企画
2013.6月の企画
2015.5月の企画
2015.7月の企画
2015.10月の企画
2015.11月の企画
2016.2月の企画
2016.5月の企画
2016.8月の企画
2016.9月の企画
2016.11月の企画
2017.1月の企画
2017.2月の企画
2017.4月の企画
2017.7月の企画
2018.5月の企画
2018.12月の企画
2019.6月の企画
MAPまちアートプロジェクト連携
メディア・プレス掲載
活動のプレゼンテーション
SMFとの連携
メンバー募集
利用希望の方へ
維持会員募集
維持会員の皆様
KAPL代表の部屋
KAPLメンバールーム
KAPL協力企画
未分類

フォロー中のブログ

今日マチ子のセンネン画報
美術と自然と教育と
エキサイトブログヘルプ
文教大学教育学部 美術研究室
街を美術館にしよう! ま...
corsage
A
Photo Expres...

ブログパーツ

最新のトラックバック

2009年7月18日(土..
from 『ふとんがふっとんだ』
まちアートプロジェクト
from 足袋人の柳
沖縄特集
from 沖縄

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧