人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11月27日、茶話屋KAPL#5議事録

b0156423_23462938.jpg


11月27日に行われたオープンミーティング"2">「茶話屋KAPL#5」の議事録を残します。

今回司会進行は渡邉(範)さんが行いました。

b0156423_23491714.jpg


以下はナベさん作成のワークシートに基づいています。



Q1.6か月ルールを振り返って

良かったこと

・肉体的には楽だった。
・前半は練れた。後半はダレてしまった感がある。
・落ち着いて次の準備ができた。
・生活に余裕。
・反省の時間は取れた。
・(以前は)どういう風に動いているかをみんなに感じてもらうことができた。
・シフトチェンジが出来始めた。
「何かで繋がっている」という思いがある。最大の強み
・先のことをしっかり考えられた。
・期限の枠は動きやすかった。

悪かったこと

・「もの足りない感」がすごい。
・モチベーションの低下してしまった。
・寂しさの増大。
・お金は集まった?
・集まりが悪い。
・振り返りに人が少ない。
・後半の日程調整が人不足。
・元気玉の行方が不透明。
責任の所在。
・締め切りの甘さ。
・企画の案が少ない。あがりにくい。
・「自分でやりたい感」「引っ張っていく感」が各人にはまだまだ薄い。
・後半はやはりフワフワしてしまっていた。
・「誰かがやってくれる感」が各人の中にありすぎる。重要
・元気玉システムのデメリットとして「集まる意識」が薄れてしまった。
・総合的な管理の甘さ。
・2011年以前は活発だった内部からの持ち込み企画が極端に少なくなった。
・宣伝ツールをもっと使うべき。
・気心知れすぎてルールがなぁなぁになる。最大の弱点
・仕事を振っていかないと各自の意識が薄いままになる(責任)。
・キャッチボールのディスコミュニケーション。
・「流れている」という危機感が薄い。
・レスポンスの少なさ。
・プライベートに対する遠慮。(思いやりとは少し違うんだ)

改善案

・連絡をしっかり取る。(「言えよ!」「言ってくれればやるよ!」「仲間だろ!」)
・責任者及びサブの存在をしっかりと企画ごとに決める。
・MLの発信者及び受信者の意識の構築。
・自覚を持てるようなシステムの構築。
・お金の所在の透明化。(出来ればWEB上)
・6ケ月ルールのシステムはしっかりと。
・茶話屋にもワクワクを!


Q2.2008年7月オープン以来1番良かった、2番目に良かったと思う企画、理由

1番

浅沼(奨)
・5750展Ⅱ
理由:その場で作家がそれぞれの特性を活かせた。
   お客さんと一緒に作れた。
浅見
・コシマⅠ
理由:アートスペースの在り方をみなで考えることができた。
   わずらわしさ、資金面などの意識共有ができた。
   応援されている、スペースの大切さを感じることができた。
渡邉(範久)
・アート制作クリーン大作戦 in KOSHIGAYA
理由:すでにそこにある素材を元に誰もが同じ環境でモノづくりできた。
   普段身を置いている環境の中で新たな価値観を構築できた。
廿楽(紘子)
・5750展Ⅱ
理由:一番関われた。作品、交流等で得たものが多かった。
大澤(あいじ)
・なにもない展
理由:動けたから。発展性を感じた。「もっとできる」感。
山口(愛)
・初笑い展
理由:楽しかったから。ポジティブな空気が強かった。
服部(ハリコ)
・らくがき展Ⅱ
理由:空間が面白かった。
   自由度が非常に高かった。(外も大きく使えた)
   「誰でも参加できる」感が強かった。
小宮(ちゃぼ)
・アート運動会
理由:初めて参加して衝撃だった。

2番

・みるをみる展Ⅰ
・なにもない展
理由:びっくりした。
・個展関係全般
理由:作家の特性がよく見れた。
・初笑い展
理由:空間が異様だった。バラエティに富んでいた。楽しかった。
・5750展Ⅱ
理由:無理のない表現。教職員が多い中、それぞれの普段の力を見せることができた。
・5750展Ⅲ

Q3クオリティ如何を問わず、発想が面白かった企画

・題名のない雑談会(10月執行企画)
理由:考えていることが素直に出ていたので「人」が良く見えた。
・初笑い展
・アートクリーン大作戦
・越谷再発見
・トーキョーホタル
・越谷アートの日
理由:自分たち発信で越谷の「アートの日」を作れたら、素敵やん?
・イデア展
理由:バカができた。
・コシマⅠ
理由:ハリコが頑張ったから。発想が今までと違った。
・なにもない展
・コシマⅡ

まとめ

なにもない展、初笑い展が同率一位!!!!!
2009、2010年の企画が強く、逆に2011年の企画が上がらない。
個展系は自分たちにないモノを見れたという意見が多数あがった。
らくがき展、初笑い展などは自由度が高く、それによる「楽しさ」が強くみなの心に残り、「ぽカーン」な作品が多くみられ、異様な空気を楽しめたようだ。
5750展はそれぞれいい緊張感の中行われ、特に2回目の充実感が強い傾向。
悔しいことに、KAPL企画でありながら、KAPLというスペースを飛び出したものに票が集まった。
「外に出る」という意識が強くなったのか。しかし外に出すぎるとホワイトキューブに戻る傾向にあるということも分かった。

Q番外編

1.「元気玉」の所在
・WEB上に関係者のみ分かる形でアップ

2.HPの使い方
・アップする人が「最新の企画」欄から「過去の企画」に移す。


3.渡邉(範久)企画「KAPL動かそうプロジェクト」

・KAPL持ち歩きユニットの試案。(PPにて展開されました。)
内容:過去に「高架下の効果的な利用案(2010年越谷市民会館にて)」の際に発案されたスペースを有効活用するためのツールの開発に対する試案。


来年の企画

企画        責任者&サブ協力者(展示者)
1月初笑い展Ⅱ    あいじ
                香(希望)    SN氏(希望)
                            まーくん(希望)
                            浅沼(希望)
                            服部(ワークショップ)
                            ちゃぼ(希望)
2月渡邉(範)企画渡邉(範)

3月浅見個展    浅見

4月未定

5月未定

6月  ちゃぼ展(予定)

全ての話し合いを終えた後、みなで六本木へ行き、ドラクエ展を観て帰ってきました。

b0156423_035227.jpg





記事:大澤
by kapl | 2011-11-29 00:04 | 2011.11月の企画

オープンミーティング「茶話屋KAPL(さわやカプル)」#5

b0156423_092163.jpg


紅葉が深まってきましたね。今月の企画はオープンミーティングです。

KAPLは2008年に実験的アートスペースとしてオープンし、ワークショップ、アートプロジェクト、アートスペースのあり方を研究、発信してきました。

また、今年に入り、よりオープンな場にしたいと考え、新たなルールを作り、「KAPLを作っていく過程」を公開してきました。

今回のオープンミーティングでは、これまでのルールを検証し、これからのKAPLを考える場にしたいと思います。

ぜひお気軽にKAPLに遊びに来てください。お茶を飲みながら話しましょう。



日時 2011.11.27(日) 13:00-17:00

内容 ・6か月ルールを振り返って(仮)

    ・KAPLNo1企画決定戦(仮)

    ・特別企画「KAPLを動かそうプロジェクト」(仮) #1



参加を希望される方は当日の時間の都合により、なるだけ事前に下に貼ったシートを記入していいただくようお願いします。

b0156423_093735.jpg



主催 KAPL運営実行委員会 渡辺
お問い合わせ先 Eメール kapl@exblog.co.jp
             londonnernori_g@gmail.com
by KAPL | 2011-11-20 22:16 | 2011.11月の企画

「SMFアートラボ」実施ワークショップレポート

去る11月12日(土)に、埼玉県立近代美術館周辺で開催される「SMFアートラボ」に参加しました。

d0135521_9334066.jpg


美術はもちろん、ダンス、音楽、パフォーマンス等、精力的に活動をしている様々なジャンルの表現が集まる場になりました。

この企画では、「KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)の仲間たち」と登録し、4つのプログラムを実施しました。

「影をつかまえる」、「おえかきーず」、「透明人間になろう!」、「石膏つなげる」です。




●「影をつかまえる」…KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)ワークショップチーム

主に私は、その中でおなじみの「影をつかまえる」フォトグラムワークショップを行い北浦和公園の影をワークショップ参加の皆さんと採取するワークショップを行いました。

秋晴れのさわやかな一日で、公園内にはきらきらとした木漏れ日が現れていました。

今回は、10時~16時の時間、参加者出入り自由の形式で行いました。

参加者は、公園の利用者が多く、「影をつかまえることで、季節を感じられた」、「葉や所持品などのもののかたちに目を向けた」、「風や時間でうつりゆくものについて考えた」など一緒に影をみながら過ごす時間の中で意見を頂くことが出来ました。

説明から現像まで一人10分程のワークですが、何度も何度も挑戦する参加者も現れました。

d0135521_938764.jpg


d0135521_9343441.jpg



●「おえかきーず」…武蔵野美術大学油絵科有志

3人の絵描きが一人のモデルを同時に描き、その視点の差や表現方法の違い等から、作品をつくって渡して終わりではなく、3作品からモデルに迫るプロジェクト。参加者は少し照れながら中央の椅子に座りますが、絵描きの真剣なまなざしで次第に場に緊張感が生まれます。作品完成後には、様々な視点から見られた経験を経て、参加者とモデルの一体感の様なものが生じていました。

d0135521_9373560.jpg


d0135521_9352011.jpg



●「透明人間になろう」…文教大学写真表現サークルDEJIVU有志

カメラの長時間露光と原光フィルターを用いて「透明人間になる」体験が出来る写真ワークショップ。
どういう背景で、どういう写真に仕上げたいかを考え、「動かない」、「動く」を行う。グループでの参加は、一人ひとりの意識の共有が求められ、何度も撮り直しをする場面も。撮影した写真はその場でプリントアウトし、参加者に渡される。写真には、モデルの動きの軌跡だけでなく、背景に流れる時間も一枚に収まり、不思議な写真に仕上がっていました。

d0135521_9361452.jpg



●「石膏でつなげる」…文教大学教育学部美術専修有志

出たり入ったりするプログラムの性質を利用し、石膏で葉や石、風船などのかたちを写し取り積み上げたり、つなげたりして形をつくっていく。一人の参加者がつくった形を次の参加者がつなげ、壊し、またつなげ新しいかたちをつくっていくワークショップ。

d0135521_937036.jpg



その他にも会場には他にも魅力的な取り組みが沢山ありました。

d0135521_9384054.jpg


d0135521_93936.jpg


d0135521_9392968.jpg


d0135521_9395042.jpg


d0135521_9401738.jpg


d0135521_9404938.jpg


d0135521_9411210.jpg



参加者同士も企画を通して知り合い、何かできることを探す場にもなりました。

今後、この場から生まれた「わくわく」を実現できればと考えています。

ご参加いただいた皆様、スタッフの皆さま、どうもありがとうございました。





以下企画詳細------------------------------------------------------------


SMFアートラボ2011年11月12日(土) 10:00~16:00
(雨天時11月13日(日)に延期)
北浦和公園・埼玉県立近代美術館エントランスポーチ周辺
参加自由 観覧無料 


SMF(Saitama Muse Forum)は、身近な場所でアートを楽しみ、支援し、再創造するプラットフォームづくりをめざすプロジェクトです。アートの事由な完成を愛する人びとが集い、参加し、交流し、発信しながら、多彩な人材とスペース・財源・ソフトなどをつなぐことで、地域の芸術文化活動の持続的な基板づくりをめざしています。



d0135521_2120035.jpg


d0135521_21202635.jpg



○関連リンク

・SMF(サイタマミューズフォーラム)

・KAPL(コシガヤアートポイントラボ)

・「影をつかまえる」フォトグラムワークショップ
by kapl | 2011-11-19 09:50 | SMFとの連携

草加市勤労福祉会館楽器作りワークショップ

2011年11月14日(月) 埼玉県民の日に行われたワークショップの模様をお伝えします。

b0156423_22262493.jpg


この日は前日に行われた浅見俊哉氏によるフォトグラムワークショップに続き、草加おやこ劇場から依頼を受け、家庭にあるものを使って作る手作り楽器のワークショップを行ってまいりました。

午前午後2回に分かれ、「音はどうしたらなるか」「モノによって音がどう違うか」を考えながら、用意していただいた材料を使い、思い思いの楽器を作っていただき、それぞれが作った楽器を発表してもらいました。

b0156423_2254321.jpg


その後、作った楽器を使い、大宮光陵高校吹奏楽部のみなさんと共に「マルマルモリモリ」を演奏しました。

b0156423_2265717.jpg


午後の部ではこどもだけではなく、保護者の方も楽器作り、演奏に参加する場面もあり、
楽しい時間を過ごすことが出来ました。

草加こども劇場の方々、大宮光陵高校の講師、生徒のみなさん、手伝ってくれたメンバーのみんな、ありがとうございました!




記事 大澤加寿彦
by kapl | 2011-11-16 22:23 | KAPLメンバールーム

コシマⅡ-コシガヤアートフリマ- 報告

お久しぶりです。約半年ぶりにKAPLに参加しました。渡辺です。
さっそくKAPL10月企画「コシマⅡ-コシガヤアートフリマ-」を報告します。

当日は天候にも恵まれ、さわやかな一日でした。

b0156423_19512654.jpg


b0156423_1952491.jpg


 2回目となる企画ですが、今回は品物と作品に同じキャプションを付けることで、より積極的に両者の境界を近づけようと試みました。
また、品物に“キャプション”を付け、品物の背景をあえて見せることで、買い手に品物が持つ背景まで含めて価値を決めてもらおうと思いました。

b0156423_19524282.jpg
b0156423_1953463.jpg
b0156423_19531645.jpg
b0156423_19533063.jpg


売り上げは一日で約6,500円でした。
今回は開催期間も短く、品物の収集期間も多く取れませんでしたが、まずまずだったと思います。

また後半は執行氏による「キーワード会議」も行われました。
これは、参加者が“最近気になっている事”を床に広げた紙に10個書き、全員が書いたあとで、今度は自分以外の人が書いた“最近気になる事”から自分も気になる事を選び、話し合う企画で、活発な意見が出ました。

b0156423_1954189.jpg


b0156423_19543761.jpg



久しぶりにKAPLに参加して感じたことは、KAPLは良くも悪くも実験的な場所なのだという事です。

私は「コシマ2」に数点のコートを出品し、品物に“思い出”という価値を付けようと、キャプションに「中学生の時、親父が買ってくれたコートです。」と書きました。
しかし、コートを見てくれたほとんどのお客さんから「状態は良いけど、中学生からのお古は嫌だ。」との意見を頂き、改めて価値について考えるきっかけになりました。

また、執行氏の「キーワード会議」は、会議と名がつけられているものの、そもそもの議題が決まっておらず、参加者の関心事から議題が決まり、その個人の関心事を皆で話し合う単純な企画です。
しかし、この単純なやりとりから生まれる相手への好奇心や親近感は “個人の関心事が、直接他者つながる接点になる”という現代の代表的なコミュニケーションの在り方を端的に示し、面白い企画だったと思います。


最後に時間の無い中、準備をしてくれたKAPLメンバーに改めて感謝致します。
またたくさんのご来場ありがとうございました。

次回のKAPLもお楽しみに!!

記事:渡辺 写真:服部
by kapl | 2011-11-16 20:00 | 2011.10月の企画

SMFアートラボ・SMFラウンドテーブルに参加します!

11月12日に埼玉県立近代美術館周辺で開催される「SMFアートラボ」、13日に開催される「SMFラウンドテーブル」にKAPLが参加します!

KAPLでは、KAPLに集う仲間たちがワークショップを行います。

おなじみの「影をつかまえる」フォトグラムワークショップを行い北浦和公園の影をワークショップ参加の皆さんと採取したり、長時間露光撮影で透明人間になったり、石膏を使用したワークショップなど多彩な展開を予定しています。。

沢山の表現に出会える一日になるので是非お気軽に遊びに来てください。

d0135521_2120035.jpg


d0135521_21202635.jpg




以下企画詳細------------------------------------------------------------




SMFアートラボ2011年11月12日(土) 10:00~16:00
(雨天時11月13日(日)に延期)
北浦和公園・埼玉県立近代美術館エントランスポーチ周辺
参加自由 観覧無料 小さなお子様も一緒にご家族で楽しめます。


SMF(Saitama Muse Forum)は、身近な場所でアートを楽しみ、支援し、再創造するプラットフォームづくりをめざすプロジェクトです。アートの事由な完成を愛する人びとが集い、参加し、交流し、発信しながら、多彩な人材とスペース・財源・ソフトなどをつなぐことで、地域の芸術文化活動の持続的な基板づくりをめざしています。


ワークショップ 申込不要・無料・随時参加OK
【大原の大ケヤキ再生記念造形(モニュメント)の展示とワークショップ】
10:00~16:00 北浦和公園・埼玉県立近代美術館インフォメーションツリー周辺
与野駅東口、旧中仙道にあった推定樹齢500年の大原の大ケヤキが倒木の恐れがあり2010年5月19日に伐採されました。地域の人々に愛され親しまれた大ケヤキを永遠に残すべく、彫刻家・本田貴侶氏によって昨年6月から始まった公開制作は、いたんだ部分も多くまた非常に硬い材質のため難航しましたが、この度ようやく完成しました。
このコーナーでは、記念造形作品のお披露目にあわせ公開制作の写真も展示しています。また大ケヤキの端材を使って動物や自然の形を見つけ出すイメージ遊びのワークショップも開催します。(西高通り古樹ケヤキ対策委員会)

【本田貴侶】
彫刻家、埼玉大学名誉教授。高村光太郎大賞展優秀賞、ロダン大賞展優秀賞など受賞多数。金属の初期作品から近年は風倒木をモチーフに彫り、削り、空洞をつくる「風の部屋」のシリーズを展開。

【内野先生のトンギコワークショップ】
11:00~15:00(雨天は13日) 北浦和公園疎林広場
☆「マイ・チェアー」コース:木材を使って手軽なイスを・・・でも、じっくり作ってみよう!
☆「アート・スクランブル」コース:細い木をギコギコ切って、色づけしたら、どんどんつなげてみよう!

【内野務】
品川区立第三日野小学校図工専科教諭。ユニークな指導で知られ、その図工室に集まる子ども達を描いた映画「トントンギコギコ図工の時間」は文化庁文化記録映画優秀賞を受賞

【映画上映「トントンギコギコ図工の時間」】
11:00・13:00・15:00の3回上映 埼玉県立近代美術館ロビー

【マイ・チェアー展示】
11月11日(金)~13日(日)11:00~16:00
埼玉県立近代美術館エントランスポーチ周辺
品川区立第三日野小学校の5年生が制作したユニークなイス作品が、美術館エントランスに登場!!

【KAPLの仲間たちの「かげをつかまえる」ワークショップ】
11:00~15:00 会場:北浦和公園
北浦和公園の形をみんなで採取して写真作品を作ります。

【KAPLの仲間たち】
ワークショップやプロジェクトを展開し、地域との関わりを生み出すKAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)に集う仲間たち。絵画、映像、音楽等各自のスキルを活かし「アートでできること」を問い続けている

ダンス、パフォーマンス出演者紹介
【村松真衣&下亜由美】
コンテンポラリーダンス(村松真衣)と劇作(下亜由美)とのコラボレーション作品。日本大学芸術学部大学院卒業後、創作ダンス作品制作や演劇等とのコラボレーションにも意欲的に取り組んでいる。東京新聞主催 第66回全国舞踊コンクール 創作舞踊部1位 他

【山下浩人】
舞踏【土器の息吹】「土器を造っていた彼らは野生だったのか神性だったのか優性だったのか、その感覚を肌で感じてしまった僕は宇宙の広がりをかんじる。」おどりの更なる次元への気付き・・・。

【ダンスユニット転々】
〈場〉の特性に応じた小作品の上演を行う、機動性あふれる小グループ。
メンバー:江積志織、岡野満紀子、海保文江、枻川真理子、桜井陽、佐々木治子、藤井香、松元日奈子

【高橋博夫】
俳人、評論家、編集者。1990~99年、森澄雄主宰の月刊俳句誌「杉」を編集、主宰死去後の2011年に季刊俳句誌「梓」を創刊。1998年、第一句集「春雪」(花神社)上梓。俳人協会会員。今年は、高橋氏の俳句に曲をつけ、振付するというSMFオリジナル作品が出来た。

【笠松泰洋】
作曲家。室内楽からオーケストラ、室内オペラに至るまで様々な作品を発表。また、蜷川幸雄や江守徹演出の演劇、H・アール・カオス、森山開次、平山素子らのダンス作品、是枝裕和や岡崎栄監督の映像作品に音楽を提供。09年から「音楽×空間」シリーズを開始。朗読とダンスと室内楽のための「四谷怪談」、モノオペラ「人魚姫」など、言葉と空間と音楽の新しい舞台作品作りに挑んでいる。

【山尾麻耶】
長唄三味線の古典を継承しつつ、沖縄三線や胡弓もかかえて各地を放浪。ジャズや現代アートとのセッション、故野村万之丞作「大田楽」の普及など、新しい市民参加型の芸能の和を拡げている。

【生形三郎】
難解になりがちな電子音響芸術を、より感覚的に聴取できる表現として確立する事に取り組み、従来の音楽様式では描き切れない濃密な心象世界の構築を目指し、自らが理想とする人間の音響心理にかなった音響美を具体化している。また、ダンスと音楽の発展的関係性の探求や、美術とのコラボレーションにも取り組んでいる。世田谷美術館、フランス国立シャイヨー劇場等の招聘による空間音響パフォーマンスを行なっている。

【南弓子】
現代美術を学ぶが徐々にオブジェや絵画よりも自分の身体そのものと向き合う必然性に気付き、今貂子のもとで舞踏と日本舞踊の基礎を学ぶ。日韓ダンスコンタクト、横浜ダンスコレクションR2010など選出企画多数。「ダンスがみたい!新人シリーズ8オーディエンス賞」を受賞。2010年単独ソロ公演「BINTA」緻密な舞台作品を作る一方、「ダンスの普及を観客に媚びずに」を信条に、即興公演、イベント企画にも力を注いでいる。

【近正匡治】
固定観念の中にある彫刻表現から少しでも脱却したいという想いで始めた木彫制作過程を実演するパフォーマンス。ノミでひと彫りひと彫りする地道な行程は、過早な現代社会へのアンチテーゼでもある。国内外で彫刻ライブ、個展等開催。

作品展示出品者紹介
【堀部宏ニ+今井伸治】
詩人・立原道造の没後65年を経て2004年に竣工したヒアシンスハウス。別所沼の畔に建つこの詩人の夢の家の周辺で毎年11月初旬に開催される「ヒアシンスマウス夢まつり」に美術家ユニットとして第1回から参加、立原の詩にインスピレーションを得たインスタレーションや創作ダンスとのコラボ、サックスやパーカッションと公開制作のセッションなど意欲的な試みを展開してきた。今回展示の作品は「ガラス窓の向うで 朝が 小鳥とダンスしてます お天気のよい青い空」という短詩をもとに創作。また、拠点としてきた集合アトリエ「グルグルハウス」から派生した展示会やプロジェクトも各地で展開している。

【出店久夫】
記憶の累積による私写真のフォトコラージュを媒体に現代社会の事象の両面性をさぐっている。個展、グループ展多数。第12回エンパ賞美術展(大賞)、第29回毎日現代美術展(準大賞)、第9回岡本太郎記念現代芸術大賞展、第8回小磯良平大賞展等。

【田中芳】
わたなべ画廊、アートフロントギャラリー、千雅堂等で個展。グループ展「膨張展」「彩象展」「絵画の今展」「刻を紡ぐ」「連画展」他。受注製作:日立システムプラザ、埼玉正協同病院、城西大学紀尾井町キャンパス、ザ・ペニンシュラ東京、全日空福岡空港、キッコーマン上海料亭 等。

【小川移山】
1987年万紅展翠軒賞、同千紫会賞受賞後、生活の書を独自展開。1997年チェコとの書道交流を始める。2005年より現代アートとして文字を媒体に制作を続けている。





今年もやります!ラウンドテーブル2011

2011年11月13日(日)13:30~17:00 埼玉県立近代美術館 講堂 参加費無料
意欲的な活動を展開しているアート系NPO、アーティスト、アート関係者の、交流と協働への契機として2009年から年1回開催されてきたSMFラウンドテーブル(アート円卓会議)。プレゼンでお互いのユニークな活動を知り、グループディスカッションで盛り上がって、気のあう仲間と出会いましょう。何かがはじまる第一歩となるかも。今年のテーマは「アートの風はどこに吹く」。このラウンドテーブルの場で提案されたプロジェクトや協働を支援し、2012年の「SMFアートラボ」や「SMFラウンドテーブル」他のプログラムで実現を図る計画です。
定員:60名(事前申込制)
申込方法:お名前、ご住所、連絡先、ご所属、活動プレゼンテーション(5~10分)のご希望の有無、団体の場合は参加代表者名と参加人数を明記して、11月7日までに、メール:SMF.info@artplatform.jp(@を小文字に変えてください)またはFAX:048-824-0118で「SMFラウンドテーブル」係までお送り下さい。



○関連リンク

・SMF(サイタマミューズフォーラム)

・KAPL(コシガヤアートポイントラボ)

・「影をつかまえる」フォトグラムワークショップ
by kapl | 2011-11-10 21:30 | SMFとの連携

カテゴリ

全体
最新の企画
KAPLとは?
地図・アクセス
2008.7月の企画
2008.8月の企画
2008.9月の企画
2008.10月の企画
2008.11月の企画
2008.12月の企画
2009.2月の企画
2009.1月の企画
2009.3月の企画
2009.4月の企画
2009.5月の企画
2009.6月の企画
2009.7月の企画
2009.8月の企画
2009.9月の企画
2009.10月の企画
2009.11月の企画
2009.12月の企画
2010.1月の企画
2010.2月の企画
2010.3月の企画
2010.4月の企画
2010.5月の企画
2010.6月の企画
2010.7月の企画
2010.8月の企画
2010.9月の企画
2010.10月の企画
2010.11月の企画
2010.12月の企画
2011.1月の企画
2011.2月の企画
2011.3月の企画
2011.4月の企画
2011.5月の企画
2011.6月の企画
2011.7月の企画
2011.8月の企画
2011.10月の企画
2011.11月の企画
2012.1月の企画
2012.2月の企画
2012.3月の企画
2012.4月の企画
2012.5月の企画
2012.6月の企画
2012.8月の企画
2012.9月の企画
2012.10月の企画
2012.11月の企画
2012.12月の企画
2013.1月の企画
2013.2月の企画
2013.3月の企画
2013.4月の企画
2013.6月の企画
2015.5月の企画
2015.7月の企画
2015.10月の企画
2015.11月の企画
2016.2月の企画
2016.5月の企画
2016.8月の企画
2016.9月の企画
2016.11月の企画
2017.1月の企画
2017.2月の企画
2017.4月の企画
2017.7月の企画
2018.5月の企画
2018.12月の企画
2019.6月の企画
MAPまちアートプロジェクト連携
メディア・プレス掲載
活動のプレゼンテーション
SMFとの連携
メンバー募集
利用希望の方へ
維持会員募集
維持会員の皆様
KAPL代表の部屋
KAPLメンバールーム
KAPL協力企画
未分類

フォロー中のブログ

今日マチ子のセンネン画報
美術と自然と教育と
エキサイトブログヘルプ
文教大学教育学部 美術研究室
街を美術館にしよう! ま...
corsage
A
Photo Expres...

ブログパーツ

最新のトラックバック

2009年7月18日(土..
from 『ふとんがふっとんだ』
まちアートプロジェクト
from 足袋人の柳
沖縄特集
from 沖縄

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧